コラーゲンを飲むことの意味

コラーゲンを飲むことの意味

コラーゲン

コラーゲンというと美肌に良いとよく言われています。
お肌の奥にはこのコラーゲンが沢山あり、このコラーゲンは網の目のようにお肌の奥に張り巡らされていますベッドのマットレスのスプリングに当たる部分がコラーゲンだと思ってください。

 

このコラーゲンの網が衰えてしまう、つまりベッドのスプリングがしっかりしていない状態だと、お肌の表面はハリがない状態になります。スプリングがないベッドはふにゃふにゃの状態になるのと同じ事です。

 

お肌の場合には、化粧水や乳液、さらに美容液や保湿クリームなどにコラーゲンが低分子化されたものが配合されていることがありますが、実は外側からコラーゲンを補給してもほとんど肌の奥にまで浸透することがないそうです

 

しかし、コラーゲンを飲む、つまり体の内側から補ってあげることで、お肌の奥にまで届けることができるそうです。一部ではコラーゲンというのはアミノ酸に分解されてしまうので飲んでも無意味だと言われていますが、実は飲んだコラーゲンの一部は確実に体にコラーゲンとして取り込まれているそうです

 

特に低分子化されたコラーゲンペプチドは全部ではありませんが身体に取り込まれるそうです。外側から補給するよりは効率的だそうです。


コラーゲンを飲むことの意味関連ページ

コラーゲンが乾燥肌によいわけ
コラーゲンの乾燥肌への効果についてです。