コラーゲンが乾燥肌によいわけ

コラーゲン

コラーゲンが乾燥肌によいわけは、元々、コラーゲンには優れた保湿効果があるからです。
肌の表面の角質層を保湿する効果があるので、肌の再生を促進し、肌の乾燥が抑えられるのです。乾燥肌になるのは、肌に必要な成分が不足しているからで、コラーゲンもその中の重要な成分です。

 

コラーゲンは人間の身体の中であらゆる部分に含まれているタンパク質の一種で、肌の内側にある真皮と呼ばれる部分の約70%がコラーゲンで出来ていると言われています

 

コラーゲンには、細胞同士をつなぎとめる働きがあり、保水機能や新陳代謝の活性化、栄養補給や老廃物除去などの役割があります。肌への関わりが非常に大きい成分で、コラーゲンが不足すると、保水力が失われてどうしても乾燥肌になりやすくなります。

 

大切なコラーゲンが不足すると、乾燥肌になり、シミやシワの原因になるので、普段の食生活で補えない人は、サプリメントで補給すると良いでしょう。コラーゲンは少々多めにとっても副作用の心配はないのですが、あまりに大量に摂取した場合、かゆみやしびれなどの症状がでることがあるので注意しなければなりません


コラーゲンが乾燥肌によいわけ関連ページ

コラーゲンを飲むことの意味
コラーゲンを飲むことで体にどのような良い影響を及ぼすかについてです。